クリマテックトップページへ メールでカタログ請求 一番上に該当商品の価格を表示します Climatec

総合気象観測システム(AWS) 
モニターソフト仕様

当社のAWS(気象総合観測装置)用に開発されている標準ソフトの仕様をここではご説明します。

観測地点数  標準1 (ここの例では3)
最大10(オプション)
要素数 標準 12
最大 任意(オプション)
機能 リアルタイムモニター(1分更新)
グラフ(縦:任意、横:1日から1年)
帳票
印刷 日報、月報、年報(オプション)
グラフ、モニター画面
A4用紙対応
Web表示 JAVA利用・グラフ・日表・月表の例
簡易リアルタイム表示
日表・月表(DB):オプション
地図上への表示:オプション
統計方法 気象庁統計指針に準拠
通信方法 直接、テレメータなどあらゆる方法に対応します。
データの回収・通信は Loggernet にて行います。
注意)画面は容量の関係で縮小されているため、実際の画面と色が異なります。




メイン画面のうち、観測点3の表示例。



例では3観測地点があるので、それらの一覧を見渡せるようになっている

グラフボタンを押すと、以下の表示期間選択メニューがポップアップで出てきます。


開始日に3月1日を選んで、その右の「開始日から」プルダウンメニューから
1週間を選ぶと、終了日に1週間後の日付が自動的に設定されます。

表示地点、グラフの種類を選び、グラフ表示ボタンをクリックすると、以下のグラフが表示されます。


1週間グラフの例。
前ページ、次ページは、表示単位(ここでは1週間)毎に表示をスクロールします。

Y軸設定をクリックすると、以下の用意、縦軸の手動設定が可能になります。



横軸設定をクリックすると、表示期間の設定、目盛り設定ができます。

更新ボタンをクリックすると、以下のグラフが表示されます。


ここでは、2004年3月の1ヶ月分を表示。
メインのボタンを押すと、元のモニター画面に戻ります。
そこで、帳票ボタンを押すと、以下の印刷範囲設定メニューが出現します。




印刷期間、種別、地点を選択して、印刷開始ボタンをクリックすると、以下のような帳票が印刷されます。

日報の例


月報の例


年報の例




Web表示の例
  表示用のサーバーは別途になります。
  例)部内用のサーバー:外部公開しない場合は、セキュリティーに関係なく、ほとんどのPCで可能です。
    インターネットに公開:自社でお持ちでない場合、セキュリティー管理が面倒な場合、
                  一般のプロバイダーなどのホームページスペースを利用されることをお奨めします。



単純なモニター表示の例

カメラ監視と組み合わせた例はこちらです。(オプション)




このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちら
http://www.weather.co.jp/

to Climatec Home page