芝管理システム


カシマサッカースタジアム

グランドの地下に配管し、温水を循環させることにより芝の管理をします。

芝を直接常時測定することは困難なので、30〜50cm地下の地温、土壌水分および、
気象観測から「ソルコン」システムで地表面の温度を予測し、温水を制御します。

スタジアムの豊かな緑はグランドキーパーとそれをサポートする最新鋭の設備で維持されています。

配管後、芝を張り直しているところ

グランド下の配管はこちらにリンク
グランド内の気象を測定する
移動気象観測装置

芝管理用なので試合中は撤収される
移動地温測定装置

地表面の地温をより、正確測定するために
試合のない時に
グランド横の計測制御盤

全部で6個の盤で計測制御しています。
場外にある一般気象観測装置

グランド内ではわからない、一般の気象場を
計測します。
グランド内に温水を循環させるための
ボイラーと制御盤
制御パターンを設定するPC
こんな制御ができます。

  ・単なるタイマーのon/offではないので、実際の気象条件に即した制御が行われます
  ・1日のパターンを設定した温度制御
  ・1ヶ月間のスケジューリングが自由に設定可能なので、イベントにあわせた、経済的
   な運用が可能。

ソルコンシステムによる制御については佐藤工業(株)のHPをご覧ください
[佐藤工業]
[SATOKOGYO.CO.,LTD]


このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ
クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/