センテック 土壌水分センサーシリーズ



  • Drill & Drop  ( 多点土壌水分プロファイルセンサー センサー位置固定型)
  • EnviroSMART  ( 多点土壌水分プロファイルセンサー センサー位置可変型)
  • EnviroSCAN (多点土壌水分プロファイルセンサー センサー位置可変型 専用データロガー付き)
  • TurfSCAN (多点土壌水分プロファイルセンサー センサー位置可変型 芝埋設用)
  • Diviner2000 ( 土壌水分プロファイルセンサー センサー移動式 専用データロガー付き)


センテック社のプロファイル土壌水分センサーはアクセスチューブを埋設しセンサーはチューブ内部に後から挿入します。従ってセンサーのメンテナンスや位置交換時に土壌の組織を破壊しないので長期間高精度の計測を行うことが出来ます。用途に応じて多種のインターフェースから選択できます。
 キャンベル社のデータロガーとはSDI-12インターフェースを使用する事によって、アナログ測定チャンネルを1つも使用しないで多点プロファイルセンサーからのデータを測定・記録出来ます。
 全て直流電源で作動しますので太陽電池を組み合わせて、或いはバッテリーのみ等多様な環境に対応します。
 既に世界中で180,000本の実績が有ります。
 高精度でプロファイル土壌水分を計測することにより根がどの深さまで伸びているか、蒸散が大きいか、ストレスが有るかどうかなど栽培に直接影響があるデータを知ることが出来ます。根がセンサー周辺にある時、昼は蒸散が大きいので土壌水分の減り方が大きく夜は減り方が少なくなり昼と夜で階段状に変化します。根が届いていない深さでは階段状の変化は起きません。ある時期から階段状に変化し始めた場合、その時期から根がその深さまで届いた事を示します。
 表層から段階的に深層までの水分変化からは浸透速度を知ることも出来ます。また深層の土壌水分のプロファイルからは地下水テーブルの上下などを知ることが出来ます。

 


機種比較表

 

Drill & Drop EnviroSMART EnviroSCAN TurfSCAN Diviner2000

センサー数

6/9/12
(3種類)

1〜16

V/A出力は4)

1〜16

1〜16

V/A出力は4)

1(位置可動)

測定深度

5,15,25,35,45,55cm
+65,75,85
+95,105,115
固定(3種類)

10cm〜30m

(10cmピッチ)

10cm〜30m

(10cmピッチ)

10cm〜30m

(10cmピッチ)

0.7m

1m       何れか

1.6m

 

 インターフェース

 

SDI-12

SDI-12

4-20mA

0-5V

RS232

RS485

RT6

RT6

SDI-12

4-20mA

0-5V

RS232

RS485

RT6

専用データロガー

アクセスチューブ外径 頭頂部:30mm
底部;27.5mm

 56.5mm

センサー外径

  50.5mm

土壌水分影響範囲

  10cm(99%)

  15cm(100%)

分解能

 1/10000

±0.008%   (4-20mA 及び 0-5V は±0.025%以上)

電源電圧

  12VDC
必要工具  専用工具 Tool Kit #1-#4 Tool Kit #1-#4 Tool Kit #1-#4 Tool Kit #1-#4

インターフェースによる違い Drill & Drop
SDI-12

4-20mA

0-5V

RS232

RS485

RT6

消費電流

 

 

スリープ時 0.52〜0.55mA

0mA

0mA

待機時     15 秒/計測 18〜20mA

7mA

7mA

 0.4mA

0.4mA

0mA
計測中      1.1秒/sensor 35〜38mA

100mA

100mA

100mA

100mA

80mA

環境温度

-20〜60℃

0〜+70℃

0〜+70℃

-25〜+50℃

-25〜+50℃

 -30〜 +85 ℃
最長ケーブル長 1200m 0.26mV/m ロス 70m 1000m 500m

          

 


 このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ
クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/