無電源地域でのフラックス観測システム

場所:北海道大学雨龍研究林


商用電源(AC100V)がない地域なので、自然エネルギー(太陽光と風)を利用した発電電力
によって、計測します。冬期間の不日照が多いので、風力発電を利用しています。

観測用の25mタワー

フラックスと各気象要素を計測
CO2/H20オープンアナライザー
(C-CS-7500)と
3成分超音波風速計
フラックス系計測装置
(C-CR5000)

内蔵のFLASH ROM(ATAカード)
に記録します。
カード容量は2Gまで
フラックスシステムに電力を供給する
太陽電池パネル群
100W*8枚
フラックスシステムに電力を供給する
風力発電機

林内は風が弱いのでタワーの途中に取り付け


このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/