土壌呼吸計測制御システム

特 長

制御はデータロガーで行うので、自由にプログラム可能。
  電磁弁切り替えにタイマーなどが不要
構成機器が少なく、故障原因が少ない

同じような原理で、プロファイル測定装置もございます。

土壌呼吸計測制御コントローラー

中央下がデータロガーでCO2、土壌水分、地温の計測と電磁弁のコントロールを行う。また、ロガーの上段がCO2アナライザー。

制御部
 チャンバー 4台の蓋の開閉と空気(電磁弁)制御
 上記の手動操作が可能(写真の右端の16ch切り替え器)

計測部
 二酸化炭素濃度、アナライザー温度
 地温    8本
 土壌水分 4本
 など
電磁弁切り替え装置


吸気流量などが設定できる

センサー取り付け差し込み端子台


上段が地温センサー用
下段が土壌水分(TDR)用
の端子台。

差し込み式なので、現場でケーブルの敷設後に簡単に
接続できる。

避雷素子付
上記装置の内部の様子。

リレー、電磁弁、流量計などが内蔵されている。
吸気用のポンプは別置き。
水蒸気除去用のシリカゲル。
パーマピュアの前段にとりつけ。
土壌呼吸測定用のチャンバー

常時蓋はオープンしており、測定時のみ閉じる

写真は2段積みタイプ
制御ロジック 以下のような制御が可能
  10分毎にチャンバーを切り替える。
  蓋を閉じて、そのチャンバーの空気の計測を開始
  1日に1度、基準となる標準ガスをアナライザーに供給




このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ
クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/