クリマテックトップページへ メールでカタログ請求 一番上に該当商品の価格を表示します Climatec

RTMC作成方法
ロガーネットソフトで作成するリアルタイムモニター画面

CS-LoggerNet RTMC



LoggerNetを購入すると、簡単にグラフィカルなモニター画面が作成できます
是非、お試しください


RTMCクライアントはLoggerNetに標準添付、RTMC Proは別売りです

購入パッケージに付属するソフト
含まれるソフト
購入パッケージ 機能
RTMCRT LoggerNet RTMC Pro
RTMC client RTMCで作成した表示画面を別のPCで表示または制御可能
RTMC   リアルタイム表示、グラフ、制御画面の作成
RTMC Pro     RTMCの機能にグラフィック機能を追加
画像ファイルの作成
FTP転送機能
メール発報機能
RTMC Proで作成した画面は、RTMCで読み込めないので注意
CsiWebServer
Web Publisher
    RTMC Proで作成した場面を表示させるWebサーバー
起動したPCがサーバー機となる。



 
RTMCクライアント表示の例

RTMC DEV リアルタイム画面の作成
RTMCサーバーの設定
RTMCクライアント の立ち上げ
RTMC Webサーバーの立ち上げ
クライアント表示の例


 RTMC画面の作成方法


メインメニューでRTCM Developmentを選択
RTMC Pro をご購入の方は、 RTMC Pro Devを選択
メニュー選択
画面の作成1

画面の作成2


適当にボタンを配置する

ボタンのプロパティーでデザインする。
要素は、Select Data(最上部)で選択する

また、画面は2つ以上作成可能
add New screenで作成する。要素が多くても別画面で表示できる

グラフ、表も表示可能

画面の作成3

要素を表示させる



Setupに接続されているStation Listの中から、目的のtableを選択。

リアルタイム表示なら、Publicを選択する

その中の、対応オブジェクトに表示させる要素を選択する

左図では風速を選択




画面の作成4

サーバーへの接続設定

サーバーのアドレスを記入する
同じPCで作成する場合は、左のようにlocalhostになる。
異なるPCの場合は、PCのIPアドレスを打ち込み
LAN内で利用する場合は、サーバーにする(LoggerNetを立ち上げておく)PCのIPアドレスを記入

通常UserNameと
Passwordは空欄
画面の作成終了
保存する

RTMCサーバーの設定方法(サーバーは自分自身のPCでもOK)
サーバーの設定1

RTMCを表示させるには、サーバーとして、LoggerNetを立ち上げておく必要がある

まず、自動回収の設定を行う
スケジューリングを設定する

Scheduled Collection Enabled をチェックする

Collection Intervalを設定する

1分、10分、60分など
目的に応じて設定する

直結に近い環境では1分〜10分
WAN上では10分から1時間
ダイヤルアップでは1時間〜1日 など
自動回収設定がされていないと、データは更新されない
サーバーの設定2

表示のために回収するTableを設定する

どれでも良いが、Publicはリアルタイムに更新されるので通常Publicを選択する

Publicの場合、Overwrite Existing File
Most Recently Logged Recordsを選択する

ファイルが大きくならないように

その他のTBLファイルは保存目的なので、APPENDを選択する

グラフは過去も表示するので、保存してある10分ファイルなどを選択する

RTMC DEVで作成した画面を保存する



LoggerNetメインメニューで、Option選択


右側のAllow Remote Connectionsのチェックをonにする

サーバーの設定3

メインメニューバーのOptionで左の設定をチェックする
上記でLoggerNetを上記起動しておくと自動的にデータを回収して、
RTMCクライアントからの接続待ち状態となる


RTMCクライアント起動方法(2つ方法があります)

Data-RTMC Run-Timeを選択
クライアントの設定1

LoggerNetから立ち上げる場合

メインメニューバーのOptionで左の設定をチェックする
クライアントの設定2

Run-timeで立ち上げる場合

LoggerNetを立ち上げなくても、WindowsのメニューからRTMCのRun-timeを立ち上げることができる

CSI Web Server(旧RTMC Web Server)(別売)の起動・設定方法


RTMCクライアントなど、特別のソフトは不要で、ブラウザーだけでモニターすることが可能になります
Webサーバーの設定
一番上に該当商品の価格を表示します
(RTMC Pro ソフトは別売です)




手順1
Web Publisherで必要な情報をWebフォルダーに書き出す。
RTMC Proで再作成した場合はそのたびにPublisherで書き出す。
手順2
CsiWebAdminで動作を確認する
サービスで動作しているため、特に設定は必要ない


RTMCクライアントの画面の例
以下は、ロガーネットクライアントの表示画面の例
リアルタイム表示はPublicでも良い
グラフは、10分、60分などの記録値を表示させる



このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちら
http://www.weather.co.jp/

to Climatec Home page