キャンベル関係
サポート情報

項目 内容 その他
OSアップデート   こちらを参照  
リセット CR1000のリセット CONNECT>Numeric>Status >
FullMemReset > 98765enter
  
CR10Xのリセット PC208W-Connectまたは、LoggerNetーConnect-Toools、ターミナルモードで何回かenterキーを押して、*が出てきたら、
7H enterとすると>プロンプトがでる。
>*A

05で98765A(enter)でロガーリセット

最後は*0として、
*E
で終わる

マニュアル 1-8ページ
Memory allocations
01:xxxx Input Storage Locations
02:xxxx Intermediate Storage Locations
03:x Final Storage Locations Area 2
04:xxxx Final storage Locations Area 1
05:xxxx.x Memory allocated for program(bytes)
06:xxxx.x Remaining program memory(bytes)
電池交換方法 CR1000 こちら(PDF)
電池 CR23X
CR800,CR1000
CR3000
CR5000
CR10X
CR17335 SE
TL-5902/S
TL-5902/S
TL-5955/S
CR2430
内部電池でのメモリーバックアップ年数 3年(外部電源なしの状態で)
電池交換後は上記のリセット操作を必ず行って下さい
メモリー消去
CR1000 LoggerNetーConnect-Datalogger-ViewStationStatus-TableFillTimes-で
ResetTableボタンをクリックする
全ての保存データが消えるので注意 
CR10Xのメモリー消去 Terminal mode
*7H
> *A
MODE10
01:0028 28enter
DOY CR10X DOY(Day of Year)はこちら PC208W-Connectまたは、LoggerNetーConnect-Toools、ターミナルモードで
キーボードディスプレイ KD(キーボードディスプレイ)コマンドはこちら
内部メモリー配置 CR1000
内部low時に影響のある内容 CR1000
時計を合わせるタイミング LoggerNetのスケジュール回収
操作内容 推奨設定 理由
時計あわせの時刻 0:00:00は避けて、0:12:30 などにする ロガーは通常やや進むが、パソコン0時ちょうどにすると、日付が飛んだり、2回保存したりする場合がある。
例)ロガーの時計が秒進んでいる場合
 23日 0:00:10に時計あわせされ、
 23日 0:00:00 がもう一度発生し、 23日 0:00:00のデータが2回書かれる
PCがNTPサーバーに同期していない場合 PCの時計に合わせず、逆にPCをロガーに合わせる。 PCの時計の方が精度が悪いので、NTPサーバーに接続できないPCでは、時刻合わせをしない方が良い
ロガーはNTPサーバー機能がある。
多地点のデータ回収 同時刻でOK 回収時刻は同じでも問題ない。ソフトが順番または同時に処理する。

 




このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちら
http://www.weather.co.jp/