クリマテックトップページへ メールでカタログ請求 一番上に該当商品の価格を表示します Climatec

サップフローセンサー

CUP-SPF-M
PDFカタログ

サップフローセンサー サップフローセンサー 取り付け状況
   概 要

  森林からの蒸散量を推定する方法のひとつである、樹液流速(サップフラックス、sap flux)を測定するために開発されたのがこのセンサーです。 樹液流速測定方法には、現在、ヒートパルス法、茎熱収支法などがありますが、この、Granier(グラニール)法の原理に基づいた方法は、微量熱をトレーサーとするため、樹木に及ぼす影響が軽微で、測定による樹木の影響を低く抑えることができるのが特長です。また、原理が単純なので、仮定を用いると比較的簡単に樹液流速を求めることができます。
設置方法・原理・などの解説はこちら
デンドロメータはこちら

仕 様

センサー
仕様
電     源  84mA/2.9V 0.2W +/-5%
ヒーター抵抗  34.5 Ohm +/-0.4 Ohm
ヒーター部分  極細、完全絶縁被膜された、平滑表面を形成
ニードルの長さ  標準 33mm(10〜63mmがオーダー可能)
加 熱 領 域  先端から20mm
サンプル樹木サイズ  直径70mmの樹木から適用可能 それ以下の直径用の特注も可能
信 号 出 力  40μV/K(0〜40℃) 銅−コンスタンタン熱電対出力(Type1)
ニードル間隔  15cmまで 植生、樹種により異なる
ケ ー ブ ル  最低70cm 4線 PURケーブル コネクター(IP67)付
 10m、20mなど延長可能(延長ケーブル)
電源供給ユニット(CCS2)
仕様
(オプション)
電源供給ユニット仕様
型式  CUP-PW-10
 CCS2
接続可能
センサー数
 3本
センサーを2本以下で使用する場合  この電源は、センサーは3本セットが必須です。
2本以下の場合、空いているセンサーケーブルにダミーコネクター(別売)を接続して下さい。
出力  サップフローセンサーの出力をそのままバイパス
 40μV/K(0〜40℃)
 ヒータ付近と周囲温度との差になるので、 
  ロガーの入力レンジは 5mV
  分解能は、0,01mV以下必要 
ケーブル長さ  センサー側(注文時指定):標準10m
 センサー延長の場合は延長ケーブルを別途購入
 電源・出力側:2m
防水性  IP68
電源  DC12〜18VDC、<90mA(3本でも1本でも同じ)
 3W以上を用意
電池で使用する場合  1ヶ月約72Ah以上の電池が必要
 (0.1Ax24hourx30day=72Ah/1month)
 この電源は、センサーが3本でない場合は、ダミーコネクターが必要です。
オプション ダミーコネクター  内部にサップフローセンサーと同じ抵抗をつけたコネクター
延長ケーブル  10m単位(両側コネクタ−)
防水シール  テロスタット 1kg単位
初期キット  熱伝導シリコン(100g)、ドリルの刃(2.1mm)、
 アルミチューブ(10本)、アルミチューブ挿入工具、ブラシなど
設置キット  放射除け(60×40cm=Styropro)、庶水シール(Terostat IX、100g)
配線 センサー
用途 コネクター
(Binder)
線色1 線色2
ヒーター− 4
ヒーター+ 3
信号+ 2
信号ー 1
電源ユニット
(CCS2)

電源ユニットとセンサーはコネクター接続です。
電源ユニット側に、センサーケーブル10mが付属しています(標準)。



サップフローセンサー特注仕様の説明

樹液流は樹木の大きさ種類によって変わるので
標準品では対応できない場合、特注対応いたします(価格も+α)。
加熱部の長さ
(H)
全体の長さ
(L)
加熱部の位置
標準品 20 33 先端
短いセンサーの例 10 13 通常先端
(指定可能)
長いセンサーの例 20または40 60
特注可能範囲 10-40 L>H+3
電源の注意 電源は標準品*3本をドライブするように設計されているので、ヒータ部分が20mm以外の場合は、合計60mm相当になるようヒータに接続する
特注品納期 1ヶ月以内程度



このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/

to Climatec Home page