クリマテックトップページへ メールでカタログ請求 一番上に該当商品の価格を表示します Climatec

熱特性センサー

CHF-TP01
PDFカタログ

概 要

    CHF-TP01は熱伝導率を巧妙な方法により、精度良く求めることが可能です。熱伝導率の変化から、土壌中の蓄熱量=蓄熱項を推定とができます。測定原理は、次の通りです。フィルムの中心に線ヒーターがあり、そのヒーターから等距離離れた2点の温度差を熱電堆(複数の熱電対を直列に接続)の原理により測定します。熱電堆による高感度な温度差測定が可能なので、ヒーターによる加熱量、加熱時間は少量で十分です。
   熱電対の出力値Uと初期値U0の差は、熱量Qで加熱したときに以下の式で表されます。

       U-U0=EQ/λF(at)

   ここで、Eは検定定数、Fは十分な時間で、1となります。土壌水分などのセンサーを加えたC-CR10Xの測定システムに組み込むことにより、土壌水分による熱伝導率の変化を連続的に測定することができます。
       (土壌の熱伝導率、熱拡散係数、体積熱容量を求める)

仕 様
 温度差センサー
   熱 電 対     : CC
   温度測定範囲  : -30〜+80℃
                        
 センサー
   フィルム厚さ  : 0.15mm
   フィルム材質 : カプトンフォイル
   ヒーター抵抗 : 15Ω前後
             (150Ω付加)
   ヒーター電力 : 約0.8W
   加熱時間    :3分           

 計測範囲
  熱伝導率(λ): 0.3〜4W/m/K 

 精   度
  熱伝導率(λ)     : ±5%
  熱拡散係数(a)      : ±20%
  体積熱容量(Cv)    : λ/a
  体積熱容量分解能   : 10%

左図
@熱電堆
Aヒータ
Bケーブル
精密な熱伝導率の測定にはCHF-TP02があります。

このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/

to Climatec Home page