クリマテックトップページへ メールでカタログ請求 一番上に該当商品の価格を表示します

日射計
セカンダリースタンダード(二次準器)
早朝の結露・降霜によるデータエラー欠損を防止
最新国際規格 PVモニタリング・評価の規格 IEC 61724-1:2017
に準拠する日射計

CHF-SR30
内部ファンにより、結露・結霜・降霜防止
PDFカタログSR30
予定
CHF-SR30カタログは作成中
PDFカタログSR22,25 PDFカタログSR20 PDFカタログHukseカタログ PDFカタログ日射計全般
その他のセカンダリースタンダードはこちら
その他の1stクラス日射計はこちら
4-20mA出力タイプはこちら
太陽電池評価用各種日射計はこちら
準器クラスの赤外放射計CHF-IR20はこちら
概 要

 CHF-SR30 全天日射計は、ISO9060規格の中で最高ランクに分類されるデジタル出力のセカンダリースタンダード(二次準器)日射計です。高精度な日射測定、研究目的、比較用の標準器(スタンダード)、またメガーソーラなどのAクラス評価用日射計として適しています。
 ヒーターと内部循環ファン、傾斜計、温度計、湿度計などが内蔵されており、結露、降霜を防止します。出力値は、温度補正式が適用せれており、-30〜+50℃の温度範囲で±0.4%という、極めて小さい温度依存性になります。

内蔵ファンにより結露・降霜を防止

CHF-SR20により確立されたセカンダリースタンダード(二次準器)の精度に画期的な内蔵ファンを導入する事により、早朝発生する結露・降霜を防止します。これにより、日合計で数%に及ぶ事がある結露・降霜による測定エラーを防止する事が出来ます
CHF-SR30の温度依存性は非常に小さいですが、さらに、内蔵のデジタル処理により、温度補正をした結果を出力します。厳しい屋外温度環境条件下(-40〜+80 ℃)でも精度の高い値を出力します。

センサー状態をモニター
CHF-SR30は、上記温度だけでなく、センサーの傾斜角度、ファンの回転数、湿度、気圧もモニター出力します。これらの値をモニターする事により、適切な保守を行い、長期間の精度の高い測定結果を得る事が出来ます。例えば、傾斜の変化を検知したり、内蔵除湿タブ(通常5年交換)の交換時期を早めに知る事が可能です。

デジタル出力タイプ
太陽光発電所など、大規模な計測ネットワークに接続できる、RS-485、Modbus仕様のデジタル出力となっています。温度補正された日射量がネットワーク経由取得可能になります。

パイプマウント
CHF-SR05から採用された、パイプマウントシステムをオプションで選択できます。
この機構を利用する事により、センサーの設置が簡単に精度良く可能になります。
記 録
  日射計の記録は通常平均か積算してMJの単位で記録します。

  例)1時間の平均日射量(W/m2)*3600秒*10^-6=1時間の積算日射量(MJ/m2)
  電圧-MJ換算方法
  精度良く記録するならC-CR300/C-CR800/C-CR1000 (Modbus 対応)
  
写真ギャラリー

CHF-SR20(ヒーターオフ:左側)とCHF-SR30:右側)の違い

内部空気をファンにより循環する事により、結露・降霜を防止します。

ヒータ、ファン無しのSR20との比較

内部ファンにより、2重ドームの内側に空気が循環し、
外側ドームの放射冷却を抑制、結露、降霜を防止する。

仕 様

温度については、補正式(二次式)も個々に添付されますが出力は温度補正されています。
型   式 CHF-SR30-D1
特   徴 外側ドーム:ガラス/内側ドーム:ガラス
デジタル出力のみ
ファン、ヒータ、傾斜、温度、湿度、気圧計内蔵
想定使用条件 結露・結霜の影響のない日射観測
価   格 一番上に該当商品の価格を表示します
在庫状況 -
仕様書(図面) 作成中
取扱説明書
英語のみ
作成中
カタログ PDFカタログSR30
PDFカタログ英語
特徴2
2ndary standardの性能では経済的
ISOクラス Secondary Standard
★★★
出力 RS-485 2線 Modbus RTUモード(*
4サンプル移動平均 0.1秒更新
推奨サンプル:1秒、60秒平均保存
出力 日射量(W/m2),ボディー温度(℃),内部湿度(%),内部気圧(Pa),傾斜角度(°),ファンスピード(RPM),ファン消費電流(A),ヒータ電流(A)
不確かさ
(Uncertainty)
校正 < 1.2 % (k = 2)
1 応答時間(95%) 3sec
2a ゼロオフセット
赤外放射依存(200W/m2) 
<2 W/m2 (standard/mid power mode)
<5W/m2(low power mode)
2b ゼロオフセット
温度依存(5K/hr) 
<±2W/m2
3a 非安定性
(経年変化)
<± 0.5%
3b 非直線性
(100-1000W/m2)
<± 0.2%
3c 方向応答特性
(ビーム放射に対して)
< ±10W/m2
3d 波長選択特性
  350〜1500nm
<± 3%
3e 温度応答特性 <±0.4%(-30〜+50℃温度補正済み)
3f 傾斜応答特性
  0-90°at 1000W/m2
<± 0.2%
測定範囲(W/m2) -400〜4000
内部抵抗 -
電源
項目 電源 消費電力 備考
本体とファン 8-30VDC 0.1-2.3W 運転モードによる
ファン 12VDC 0.5W
ヒーター 5VDC
0.25-0.375A
1.7W
基板 8-30VDC 0.1W 常時

運転モード 電源電圧 消費電力 ヒータ ファン ゼロオフセット
スタンダード 8-30VDC <2.3W o o <2 W/m2
ミディアム 8-30VDC <0.6W x o <2 W/m2
節電モード 5-30VDC <0.1W x x <5W/m2
工場出荷時はスタンダードモードです。
結露の心配のない場所でもミディアムモードでの運転を推奨します。
運転モードは付属ソフトで設定可能です。
負荷抵抗 -
ヒーター/ファン 内蔵
内蔵センサー
要素 精度/不確かさ
内部温度 精度:±0.5℃
傾斜 不確かさ:±1°0-90°
感度:<0.1°
各傾斜センサ特性を同梱
湿度 不確かさ:±3%
気圧 不確かさ:±4hPa
ガラスドーム ガラス二重ドーム
内部乾燥剤 交換周期 >5年 通常
大きさ 68φx 95h mm(本体) 
本体重量 約850g(5mケーブル)
視野角 180度
動作温度 -40〜+80℃
材   料 アルマイト
波長範囲 285-3000 nm

CHF-SR30 波長吸収特性
キャリブレーション WRR ISO 9847準拠
2年毎の再キャリブレーションを推奨
再校正 日射計の再校正はクリマテック(株)の校正装置を用いて可能です。
ケーブル 10m(600g) 4.8φ
M12-Aコネクタ(IP67)
配線

センサー警戒レベル
要素 警戒点
内部温度 露点より高い事
傾斜 短期:0.2°/min
長期:>1°
湿度 >50% at T<20℃
夜間監視(低温時)推奨
ファン 回転数<5000RPM
ヒーター 電流<0.25A
その他 設定、モニターソフト同梱(英語版)

Hukseflux Snsor Manager software V1713以後 こちら
JAVA Runtime 必要
係数の換算方法 電圧をW/u または J/u、kJ/u、またはMJ/uにする方法
換算方法についてはここを参照
*)Modbus通信について 当社取扱の各種ロガーで計測可能です。
C-CR200/300/1000/3000
接続方法、プログラムについてはお問い合せ下さい
CR1000のOSは30.01以後で対応
最新国際規格 PVモニタリング・評価の規格 IEC 61724-1:2017 に準拠する点 IEC 61724-1:2017 CLASS A要求仕様に準拠する点
種類 項目 CLASS A CHF-SR30の性能
日射計 熱電堆式日射計 2ndry standard
設置傾斜角度精度 傾斜計を内蔵
長期の変動もモニター可能
設置方位角度精度 手動であわせる
再校正 1年 日本(当社)で校正可能
経済的
校正方法はISO 9847に準拠
清掃 毎週 現地にて
ファン(結露防止) 結露防止内蔵ファン
標準装備



サイズ

本体

本体 パイプマウント付属

水平台(レベリングマウント)の装着
スプリングネジで本体と固定されます。

4mmの6角レンチで底から本体を固定

底が利用できない場合、
横から10mmスパナで固定↑↓

スプリングネジにより、フレキシブルに水平に固定できる。
CHF-SR30




このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/

to Climatec Home page