クリマテックトップページへ メールでカタログ請求 一番上に該当商品の価格を表示します Climatec

霜害検知用温度センサー
サーミスターセンサー
CAP-SF110
PDFカタログ



霜害警報メールパック(セット品)はこちら

概 要

  この霜害検知用温度センサーは2つのサーミスタセンサーを葉と枝を熱的に模倣した模型に取り付けてあります。一つの温度センサは、葉に、もう一つはつぼみに見立てています。
 風のない、晴天の夜間は、葉とつぼみの温度は放射冷却によって気温よりも低下し、季節によっては、0℃よりも下がります。放射冷却により冷やされる物体表面(葉やつぼみ)は、風がない日は熱交換が小さく、気温よりも低下します。

 このセンサーはC-CR200XC-CR1000C-CR3000データロガーに対応するC-109サーミスタセンサと同じ規格のセンサで、SEを2ch使用します。片方しか利用しない場合は1chになります。気温を測定する場合は、CAP-ST100シェルターを使用して下さい。

実際の葉の温度を直接測定するには、以下のセンサーがあります。
 赤外放射温度計
 極細熱電対センサ

<注意>
夜間の放射冷却による温度低下を測定目的として黒体塗装しているので、日中は実際の葉やつぼみより温度が高くなります。
また、実際の葉の温度を模擬しているわけではありません。植物の種類により特性が異なるので、目安としてご利用下さい。
 
仕 様

型名 CAP-SF110
温度センサー サーミスタ x 2
サーミスタ-素子 BetaTherm 10K3A11B Thermistor
測定の不確かさ
Measurement uncertainty
±0.2℃(-25-0℃)
±0.1℃ (0-70℃)
±0.4℃(-50-25℃)
再現性 0.05℃
非安定性(経年変化) <0.02℃/年
使用温度範囲 -50〜+70℃
時定数 10秒
自己加熱 <0.01℃  
時定数 30秒(風速5m/s)
自己加熱 <0.01℃  
大きさ/重さ パイプ:21φ x 570mm ケーブル5m
模擬葉:70mmφ
400g
適応ロガー C-CR200XC-CR1000C-CR3000
計測命令の例 Therm109(TempC,1,1,Vx1,0,_50Hz,1.0,0)
線色
leaf:模擬葉 bud:つぼみ 
内部結線図
つぼみの場合は、上から
白、緑、オレンジ

CAP-SF110



設置例

測定例
凡例 上段:黒:気温、緑:模擬つぼみ、赤:葉(CAP-SF110による)
下段:風速
解説 夕方18時前まではつぼみ、葉の温度の方が高かったが、夜間、風が弱くなると、気温より、葉、つぼみの温度の方が低くなり、空気よりも早く、凍結温度になっている。




このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/
to Climatec Home page