クリマテックトップページへ メールでカタログ請求 一番上に該当商品の価格を表示します Climatec

電源コントローラ
-インテリジェント充電タイプ-
C-PS200
C-CH200
PDFカタログ

通常管理はこちら(C-PS150)


上:C-PS200
下:C-CR1000


C-CH200
 概 要

 AC100V、太陽電池などの入力電源から、鉛畜電池に充電コントロールをしながらC-CR1000/800/3000などのデータロガーに12V電源を供給します。また、これらのデータロガーに接続されたセンサーにも電源を供給します。
 太陽電池の場合、MPPT充電(太陽電池の最大電力点)、サイクル充電そしてフロート充電が可能です。サイクル充電では十分な電流が得られない場合、まず、MPPT充電しその後サイクル充電、ある程度充電電流が小さくなるとフロート充電に移行します。
 充電コントローラーはバッテリーの温度を測定し、温度補正された電圧で最適な充電をします。外付けの大容量バッテリーを使用する場合は、以下のバッテリーの温度を別のセンサーで測定し、以下の通信で最適充電電圧を設定することが可能です。
 通信により充放電電圧、電流などの状態を把握することができます。バッテリーに合わせた充電電圧の設定や、放電をコントロールすることにより、バッテリーの寿命を延ばすことが可能です。
 自己消費電流は小さいので、厳しい電源環境下での使用に適しています。

C-PS200 : 充電コントローラー+7Ah鉛蓄電池
C-CH200 : 充電コントローラのみ

放電コントローラを内蔵した、充放電コントローラはこちらです。放電コントローラを内蔵したものは、自己消費電流があります。


仕 様

項 目 仕 様
入力電圧(CHG端子)  16-40VDC 1.1Amax
 18-24VAC RMS 1.2Amax
 チャージャー(トランスなど)保護のため電流制限
太陽電池(SOLAR端子)  15-40VDC 3.6A
 充電方法 MPPT追尾充電 太陽電池のMPPT(最大電力点)を追尾した充電
サイクル充電  12Vバッテリー用温度補正フロートチャージ電圧出力
Vbatt(T) = 14.70 V –(24 mV) x (T – 25℃)
フロート充電 Vbatt(T) = 13.65 V – (18 mV) x (T – 25℃)
精度 ±1%( –40~+60℃)
 温度レンジ  -40~+60℃
自己消費(通信無し) 充電ソースなし 300 μA max
バッテリーなし 2 mA max
LED表示 CHARGE 充電中:緑点滅
異常:赤
CHECK BATTERY >11.5V :オフ
<11.5:オレンジ点滅
<10.5:赤点滅
負荷用出力 電圧  12V(バッテリー電圧) 
電流  4A自己リセット式温度ヒューズ付
 >4A @<20℃
  4A @20℃
  3.1A@50℃
  2.7A@60℃
内蔵バッテリー 容量  7Ah鉛畜電池(C-PS200)
 なし(C-CH200)
電池寿命  3~4年
外形寸法 C-PS-200  76D×190W×106H 2kg
C-CH-200  37D×75W×100H 2kg
端  子 CHG 入力端子 AC/DC 入力端子
SOLAR 入力端子 太陽電池パネル接続端子
出力端子 2-12V出力
バッテリー端子 電池接続用
通信コンネクター SDI-12/RS-232C
測定項目 バッテリー電圧(V)/バッテリー電流(A)
負荷電流(A)
チャージ電圧(V)/チャージ電流(A)/チャージ状態
チャージソース/充電温度
(注意)
・鉛畜電池電圧を10.5V以下に下げると、再充電が不可能になります。
  過放電防止装置は付いていないので、注意が必要です。
・密閉した環境での鉛畜電池の使用は危険です。  通気性のある環境でご使用ください
・鉛蓄電池を保存する場合、常温で3%/月自己放電します。保存の場合も数ヶ月に一度の充電を推奨します。

このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/

to Climatec Home page