クリマテックトップページへ メールでカタログ請求 一番上に該当商品の価格を表示します Climatec

TDR土壌水分センサー

C-CS650(30cmロッド)一番上に該当商品の価格を表示します
C-CS655(12cmロッド)一番上に該当商品の価格を表示します

PDFカタログ

TDT方式土壌水分センサーはこちら
従来タイプ土壌水分センサーはこちら
ハンディタイプはこちら


C-CS650(ロッド:30cm)






C-CS655(ロッド:12cm)
 概 要

C-CR1000 C-CR800などのデータロガーに直接接続可能な、TDR方式の土壌水分センサーです。メンテナンスフリーなので、長期間の連続観測、寒冷地、乾燥地に最適です。土壌水分(体積含水率)だけでなく、土中の導電率、温度、誘電率が測定可能です。
 電源コントロールをして、省電力化でき、かつ、コストパフォーマンスに優れているので、多点、無人観測にも適しています。原理は、センサーロッド間の電磁波の速度が、ロッド間の誘電率(水分)の変化に影響されることを用いています。30cm(12cm)のロッド中の平均含水率が得られます。センサーは、2本のロッドと制御部が一体となった構造で、防水構造なので、土中に埋設することができます。ロッドは、あらゆる角度で土壌に挿入することができます。C-CR1000では、1つのSDI入力Cポートに10本、全4chのポートを使用すると、40本の測定が可能です。
 また、CR1000などにC-AM16/32マルチプレクサーを接続して、多chSDI計測も可能です。この場合、各センサーにSDIアドレスを設定する手間がありません。
 C-CS616の後継機で、デジタル出力、多要素計測が特徴です。

選定ガイドはこちら


仕 様

型式 C-CS650、C-CS655  一番上に該当商品の価格を表示します
対象データロガーとSDIポートの数
SDIポートの数 対象データロガー
8 C-CR10X
5 C-CR5000
4 C-CR1000,3000,23X
2 C-800、850
1 C-200X、510
1つのポートで10本測定可能です。
C-CS650
測定要素、測定範囲、精度、再現性
要素 体積含水率 導電率 温度 相対誘電率
測定範囲 5-50% 0 to 3 dS/m(溶液)
0 to 3 dS/m(土壌:bulk)
-10〜70℃
動作範囲:0〜70℃
1 to 81
精度 ±3%(鉱物性土壌、導電率3dS/m以下) ±(5% of reading + 0.05 dS/m)
±0.5℃
(本体地中にて)
1-40
±(2% of reading + 0.6) for 溶液EC ≦3 dS/m
40-80
±1.4 for 溶液EC ≦3 dS/m
再現性 <0.05% 0.5% bulk EC ±0.02℃ <0.02
精度:誘電率1-81、導電率0-10dS/m
単位  単位換算計算はこちら
導電率= S/cm = 1/(Ω・cm)
1 [S/m] = 10 [dS/m] = 10 [mS/cm]
C-CS655
測定要素、測定範囲、精度、再現性
要素 体積含水率 導電率 温度 相対誘電率
測定範囲 5-50% 0 to 8 dS/m(溶液)
0 to 8 dS/m(土壌:bulk)
-10〜70℃
動作範囲:0〜70℃
1 to 81
精度 ±3%(鉱物性土壌、導電率10dS/m以下) ±(5% of reading + 0.05 dS/m)
±0.5℃
(本体地中にて)
1-40
±(3% of reading + 0.8) for 溶液EC ≦8 dS/m
40-80
±2 for 溶液EC ≦2.8 dS/m
再現性 <0.05% 0.5% bulk EC ±0.02℃ <0.02

測定体積 CS-650:7800cm^3
CS-655:3600cm^3
各プローブの半径約7.5cm、ロッド先端から4.5cmの範囲を計測
出力 SDI-12、RS-232C
測定時間 測定:3ms SDI1-12コマンド:600ms
動作温度範囲 -10〜70℃
電  源 6-18VDC, 45mA@12VDC(動作時)
70uA@12V(非動作時)
動作時
消費電流
45mA@12VDC、80mA@6VDC、35mA@18VDC
平均消費電流 I = 0.09n + [3.5 + 0.024(n-1)]n/s
I(mV):平均電流
n:CS650の数
s:測定間隔(秒)
ロッドの大きさ CS-650:300L*3.2mmφ 32mmの間隔で2本
CS-655:120L*3.2mmφ 32mmの間隔で2本
ヘッド部大きさ 85L*63W*18Dmm
重  さ CS-650:280g ケーブルの重さ 35g/m
CS-655:240g ケーブルの重さ 35g/m
最大ケーブル長さ 300m(同じCポートに接続されたセンサーの合計は610m以下)
設定など C-A200インターフェースでPCと接続:Device Configuration Utilityにて設定 一番上に該当商品の価格を表示します

SDIアドレスの設定はロガー経由LoggeNetソフトターミナルモードで可能です。

LoggerNet-Connect-DataLoggerメニューで、Terminal Emulatorを選択
enterを何回か押すと、CR1000>と表示されます。
その後、以下のように入力してアドレスを設定します。
以下の例は、C1に接続して、アドレスを1に設定する例です。
?! 現在接続されているSDI機器のアドレス。
aAb! アドレスaをbに変更(以下では3を1に変更)

土壌水分(体積含水率)の式 鉱物性土壌の土壌体積含水率θvとbulk誘電率(土壌誘電率))Kaの関係はTopp et al.(1980)の式を用いて以下のように実験的に表されます。

θv = -5.3*10^-2 + 2.92*10^-2Ka - 5.5*10^-4Ka^2 + 4.3*10^-6Ka^3

上記の式を用いず自分で校正することも可能です(マニュアル参照)
土壌の導電率 溶液導電率 σsolutionとbulk導電率σbulk、固体導電率σsolidの関係は以下のように表されます。
σbulk=σsolutionθvT+σsolid

T:土壌固有透過係数
温度補正
導電率の温度補正 ECの温度補正
補正式:
EC25 = ECT / (1 + 0.02*(Tsoil-25))

 EC25:25℃のbulk EC
 ECT:温度T(℃)のbulk EC
体積含水率の温度補正 含水率の温度補正
誤差は以下の通り
 0.5%:10〜30℃
 2%:-10〜70℃
補正式
θCorr = θ - 0.0044*Tθ^3 + 0.0014*Tθ^2 + 0.0029*Tθ- 0.0002*T + 2.4*θ^3 - 1.6*θ^2 + 0.32*θ - 0.046

θ:測定された含水率
T:温度(℃)


SDI-12結線 RS-232C結線
線色 意味 ロガー端子
SDI-12 DATA Cポート
SDI-12 電源 12V
SDI-12 G G
クリアー シールド G
オレンジ NU G
SDI通信の時にオレンジは必ずGに
結線する
線色 意味 A200
オレンジ RxD OUT
TxD IN
電源 12V
G G
クリアー シールド G
PCなどCSIのロガー以外の機器と接続する場合、OSを転送する場合などはA200インターフェースを使用します。
セッティング:9600BPS N 1 8
オプション
土壌挿入ガイド 一番上に該当商品の価格を表示します

CS650G 挿入ロッド 
硬い土壌などに、予めこのロッドで挿入用の穴をあけておきます。ハンマーでたたき込む事もできます。

センサーーPCインターフェース(C-A200) 一番上に該当商品の価格を表示します

本装置はSDI-12センサーとPCを接続するインターフェースで、センサーの設定や、ファームウェアーのupdateをDevice Configuration Utilityを使用して行います。
PCとの接続は、USBインターフェースです。

このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/

to Climatec Home page