クリマテックトップページへ メールでカタログ請求 メールで問い合わせ Climatec

アルゴス衛星通信

C-ARGOS
PDFカタログ

ARGOS-3 通信衛星(イメージ) ARGOS-2,3 送信機






概 要
  
アルゴス(ARGOS)は、国際協力により運用されており、極軌道衛星を利用して、地球環境に関するデータを収集するシステムを提供しています。すでに30年以上に渡って、さまざまな環境データを世界中の研究者に提供してきました。移動式あるいは固定式の観測装置(プラットフォーム)から送信された観測データは、衛星から地上受信局、さらにデータ処理センターに転送され、ユーザに配信されます。アルゴスの大きな特徴は、プラットフォームからのデータを受信するのと同時に、その位置を特定できることです。カバー範囲は全世界におよびます。
 極軌道衛星ですので、通信は衛星が通信可能になった時間に行います。
 通信料金は比較的安価に設定されているので、データ回収が目的で、あまりデータが大量でない用途に向いています。

推奨用途
 ・海外からのデータ自動回収
 ・携帯電話などが通じないか、手続きが煩雑

 ・電源が確保できない(無電源動作)
 ・データが大量ではない(10分統計値など)、1スロット1枚程度の画像
 ・データ回収が目的(リアルタイム監視が目的でない)
 ・日単位程度のデータ監視

欠点
 ・LoggerNetによる通信ができないので、データは一方的な回収になる。
 ・通信時間が限られており、かつ通信速度が遅い(300BPS程度)ので、大量データには向かない
 ・ARGOS通信用の工夫したプログラムが必要
 ・日本国内での試験には、免許が必要


ARGOS-2,3用送受信機モジュール 仕様


特徴

・アルゴスV衛星のダウンリンク信号を受信して、クロックを校正し、アルゴス衛星の軌道情報を更新します。これらから衛星の飛来時刻を計算して、データ送信は衛星飛来時にのみ行うため、従来のアルゴス送信機に比べ、消費電力がずっと小さくなります。

・アルゴスVの高速通信チャンネルに対応しており、1日あたり数十キロバイトのデータを送信することも可能です。

・ 衛星との対話モード通信により、衛星が送信データを正しく受信できたかどうか確認できます。従来のアルゴス送信では、同じデータを何度も繰り返し送信する ことによって、データを確実に伝送していましたが、対話モード通信では、多くの場合一度だけ送信すれば伝送完了となります。そのため、高速通信チャンネル を使用しない従来の送信チャンネルでも、ずっと多くのデータを小さな消費電力で効率的に送信できます。

・観測モードや観測時刻の変更など、プラットフォームにコマンドを送信することができます。

・従来のアルゴスUとして動作するモード、アルゴスU衛星とアルゴスV衛星に対する送信をミックスして行うモード、高速通信だけを用いるモードなど、様々な送信モードに対応しています。



型式 YTR-3000
キャリア周波数 Low data rate: 401.630MHz to 401.680MHz (1kHz step)
High data rate: 401.595MHz
受信周波数 465.9875MHz±15kHz
受信感度 -128dBm/200 bps
-125dBm/400 bps
送信電力 通常送信: 0.5, 1, 2W  
高速通信チャンネル: 5W
サイズ 25 x 80 x 60 mm
重量 160g
電源 +7V to + 14V (at 1W Low data rate ARGOS-2)
+13V to + 14V (at 5W High data rate ARGOS-3)
データ入力 シリアル(0 〜 3.3V) 9600BPS
消費電力 Standby: less than 0.1mA
Upon transmission: Low data rate: less than 620mA/7V
High data rate: less than 1200mA/14V
Upon reception: Less than 85mA/7V
動作温度 -20〜+50℃
価格 75,000円(消費税別)
価格は予告なく変動することがあります


システム例
システム例1

ソーラー電源
システム例2
計測ボックスの例 アンテナ

 


回収したデータの利用

 ARGOSのWEBサイトから、オンラインでデータを入手できます。また、TELNETによって、従来のアルゴスのフォーマットでデータをダウンロードすることもできます。
いずれもアクセスした当日より9日前までのデータを入手できます。オンラインによるデータアクセスは無料です。

利用方法

ARGOSのWEBサイト(www.argos-system.org)へアクセスしてください。
ページの左上にユーザログイン画面があります。ユーザ名とパスワードを入力するとユーザ専用ページに入ります。
詳しい使い方はこちらをご覧ください。

通信料金 

料金 備考
基本料金 2400円/月額 衛星による受信が1回以上あった月に課金されます。
受信が一度もない月には課金されません。
利用料金 130円/1スロット1回 6時間(1スロット)ごとに日額の4分の1(130円)ずつ課金されます。
世界標準時の0-6時、6-12時、12-18時、18-24時の各6時間をそれぞれ1スロットとし、受信があった時刻を含むスロットが課金の対象になります。
通信代理店は、(株)キュービックアイ

スロット時間区分と、各スロットの通信料金
スロット スロット1 スロット2 スロット3 スロット4
時刻区分
(世界標準時)
0時-6時 6時-12時 12時-18時 18時-24時
料金 130 130 130 130

通信費用計算例
 1日1回の通信の場合は、月通信料金:2400+130*30=6300円/月
 となります

条 件
日本国内で使用または試験する場合は、電波監理局の免許が必要になります
日本以外の国は免許不要な場合が多い(お問い合せ下さい)


このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/

to Climatec Home page