土壌水分関係センサー
テンシオメーター

テンシオメータ選定ガイド
TDT/TDR土壌水分計選定ガイド

テンシオメータ(標準型)
CHR-TM


圧力センサーは上部の横に突出した部分にある。
下のポーラス部分を土中によく密着するように埋設し、土壌の負圧を計測する。
センサーが直射日光に当たらないよう、工夫する必要がある。以下の埋設型に比べると比較的安価。
土壌水分の比較的多い土壌測定に適しています。

測定範囲:0−3(pF)
こちら
テンシオメータ(埋設型)
CHG-2100AEL


圧力センサーが先端の素焼きのポーラス部分に収納されているのが最大の特徴。センサーが地中にあるので、温度変化の影響を受けにくく、凍結もしにくい。

茶色のパイプ部分は、単に接続しているパイプ。頭のケーブルの出ている部分は水注入用のバルブがある。

水はチューブで先端ポーラス部に注入。
水が先端部にしかないので、ポーラスが凍結しない土中での、テンシオメータによる測定が可能。土壌水分の比較的多い土壌測定に適しています。

こちら
石膏ブロック (現在取り扱い中止)
253



石膏ブロックを使用した土壌水分計
このセンサー以外に地温計が必要。

マトリックセンサー
 (現在取り扱い中止)
229



土壌の水分ポテンシャルを0.1-5hPa
の範囲で推定します。
21秒間の加熱の温度変化から。

ユーザーキャリブレーションが必要
このセンサーに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ
クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/