交通気象(各種)
各種応用システム
電源のある地点での恒常システムの例です。
道路気象計測システム


電柱に各種センサーを取り付けて
コンパクトな気象観測システムを
構成しています。
風向、風速、日射量、気温、湿度
路温、積雪(超音波)など。


収納箱内部にモデムを収納しており
電話回線経由データを回収、モニターします。
除雪ステーションにおける道路気象

現在天気(視程計)を設置して、観測の省力化と除雪体制の効率化をはかっています。
道路建設予定地における事前調査

現在天気(視程計)および、各気象要素をデータロガーで計測し、道路の設計資料にするデータを収集します。
道路気象調査(地吹雪、視程の調査)

現在天気(視程計)や、風、気温などの気象要素をデータロガーで計測し、地吹雪の強度、発生頻度などを調査し、道路安全設備の基礎資料とします。
橋上の強風 監視システム


川の底から高さ100mの国道橋脚場に設置されている風速計のデータをオンライン(リアルタイム)で管理事務所に伝送して道路の安全管理に役立てています。
航空気象の調査

空港に現在天気計を設置して、空港の霧発生状況や視程の状況を調査します。
海象・気象監視システム


1台のタッチパネルディスプレイで、港内
港外の波浪状況、潮流状況、気象状況を
モニターできるとともに、入港する船舶の
接岸状況(接岸速度計)をリアルタイム監視
できる総合監視装置です。

山梨リニア鉄道実験線
計測システム



トンネル内部に風向(2方向)
風速(セラミック・無指向)
気温・湿度センサー
データロガーを光ケーブルで伝送
総延長距離40km


このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ
クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/