土壌熱フラックス
プロファイルセンサー

地中熱流板
CHF-HFP01

 
熱電堆式の熱流量(熱フラックス)センサー。温度差を測定することにより熱フラックスを測定します。

こちら
凍結深度計
地温プロファイル計
CHM−GP1


熱電対温度センサをプローブに多点に配しています。標準は25点。
点数と位置はカスタマイズ可能

こちら
熱特性センサー(熱伝導率)
CHF-TP01

ヒータと熱電対により、土壌の熱特性(熱伝導率、拡散係数、熱容量など)を測定する。直径:80mm

こちら
ヒーター付熱流板
この図面をクリックすると大きくなります↑
熱流板(自己補正付き)
CHF-HFP01SC

ヒータ付きの自己補正熱流板。
表面にヒータがあり、ヒータを加熱する事により、センサーを自己チェック可能。
こちら
厚さ:5mm
直径:80mm
地温プロファイル計
この図面をクリックすると大きくなります↑
地中温度
プロファイル計

CHF-STP01

測定深度:T熱電対5深度。
全ての深度が50cmを冷接点とする温度差50cmには基準のPt100がある。フィルム状のセンサー。

測定深度は2,5,10,20,50cm

熱伝導率を求めるヒータを内蔵しているので簡易自己チェックが可能
主に、地温プロファイルを正確に求める。

左写真は、設置している状況。

スコップで50cmの穴を掘削して壁面に沿わせるように設置。土を戻すときに、棒でよく固めながら埋め戻します。

こちら



このシステムに関する問い合わせ、カタログ請求はクリマテックへ

クリマテック株式会社
東京都豊島区池袋4-2-11 CTビル 6F
TEL:03-3988-6616 FAX:03-3988-6613
E-mail こちらから
http://www.weather.co.jp/